相撲批評クラブ ひげ庄之助

明治時代からの相撲が好きです。

休み過ぎの鶴竜・白鵬に「注意」

横審がついに白鵬鶴竜の両横綱に注意の処分。

ここ2年程2人の休場率はひどい。

白鵬鶴竜ともに2019年からの11場所で7場所全休、途中休場してる。

鶴竜に至っては在位39場所で17場所が全休・途休である。15日間の出場率56.4%。

過去の横綱

大鵬 58場所 13場所 77.5%

柏戸 47場所 13場所 72.3

北の湖 63場所 12場所 80.9%

千代の富士 59場所 12場所 79.6

曙 48場所 13場所     72.9
貴乃花 49場所 17場所  65.3  
鶴竜 39場所 17場所   56.4
白鵬 79場所 14場所   82.2

鶴竜は在位の割に多いことが分かる。

2場所に1度は休場の計算で、千秋楽の土俵に鶴竜を見ること自体レアか。

35歳以上の引退も6場所制以後は千代の富士、以前は前田山、羽黒山吉葉山栃錦など少ない。

年齢からみて厳しいことが明らか。もう決断の時だろう・・・