相撲批評クラブ ひげ庄之助

明治時代からの相撲が好きです。

夏場所

鶴竜引退で白鵬がまた一人横綱に。

2012年に日馬富士昇進で解消されたが、その後の鶴竜稀勢の里と先んじて引退。後輩横綱に3人も引退されるのは千代の富士が惜しかったが初のこと。

照ノ富士が勢いに乗って横綱昇進なるか程度しか話題もない。

大関陣は照ノ富士が勢いに乗っているが膝の不安がつきまとう。貴景勝は好調の維持は難しく、朝の山はポカ負けも多い。正代は自分の相撲を見失っている。

新三役~新十両までゼロなのは55年ぶりらしい。昭和41夏は横綱大鵬柏戸栃ノ海佐田の山大関豊山北葉山の豪華番付。大鵬全盛期であったが後は佐田の山ぐらいで栃ノ海は絶不調、柏戸も乱調であった。豊山は先が見え北葉山はこの場所引退。

現在よりはマシという程度?