相撲批評クラブ ひげ庄之助

明治時代からの相撲が好きです。

鶴竜やっぱり休場

初場所を前にして鶴竜が4場所連続の休場を発表。

腰痛、稽古不足、相撲勘が戻らないといったのが主な理由のようだが、これまでの半年間は何をしていたのか。「次は進退が懸かる」も秋場所前から重ねて発言していたもの。

日本国籍取得前は同情の空気もあったが、取得後もこれでは恥さらし。

白鵬が「公傷」で初場所不在というのもあって責任論も後退気味。

鶴竜にとっては地獄に仏ともいうべき状況。合同稽古でも準備運動のみで出場へ向けた追い込み、プレッシャーというものも感じられなかった。

花のように散った栃錦千代の富士といった面々が鶴竜を見ればどう思うのか。