相撲批評クラブ ひげ庄之助

明治時代からの相撲が好きです。

響龍死去

春場所13日目に頭から土俵に落下、半身不随状態で治療していた響龍が亡くなった。28歳。

師匠のコメントからも重症なのは伺えたが…本場所取組中の事故がもとで死亡に至ったのは明治以降は初だろう。

明治大正期は稽古中の怪我、巡業先で死亡が何例かあった。大ノ川、加勝山、真砂石、鹿島洋など。フグ中毒も2例ほどあった。

このところ相撲協会は不祥事続き、さらに興行もまともにできず赤字状態。

さらに現役力士の死亡という不名誉な事例まで起きてしまった。

これを機に土俵下へのマット設置といった対策を講ずるべきと思うが…