相撲批評クラブ ひげ庄之助

明治時代からの相撲が好きです。

2020-11-13から1日間の記事一覧

横綱大関1人

11月場所横綱2人休場、大関朝乃山も4日目より休場、新大関正代も5日目より休場で貴景勝一人。 公称175cm(実寸172程?)、183kgの小兵重量大関が6連勝でトップ。 一発一発が以前より重く、冷静になったように思う。しかしこのまま終盤まで行くか。 他に照ノ…

炎鵬 八艘飛び失敗

炎鵬は11月場所6日目終わって6連敗。 相手は取り口を知り尽くしたか、炎鵬らしさはなく先場所より元気がない。 魁聖戦では八艘飛びだが中途半端で失敗。着地がまずく、押し飛ばされた。 協会HPでは169cm、92kg。負けっぷりも悪く派手に土俵下に落ち、さらに…

相撲古雑誌を読んで「大相撲画報」

アサヒスポーツ別冊大相撲展望昭和31年初場所号 「相撲部屋の系統と消長」より 各一門、部屋の歴史が簡潔にまとめられているが、所々今の資料になり興味深い点が。 玉垣系 明治初年の玉垣は財政面、番付の上げ下げまで勝手に行っていた。本場所が終わると住…