相撲批評クラブ ひげ庄之助

明治時代からの相撲が好きです。

千代の山と出羽海

常ノ花の次の出羽海は千代の山というのは生前から暗黙の了解だったらしい。

自殺未遂時の遺書にも千代の山を後継にとあったが、お人よしだった千代の山が内容を確認もせず焼却したとか。結果当時は三段目だった横綱Sが出羽ノ花の婿養子となり風向きが変わる。

出羽海から破門覚悟の独立で九重部屋を創立。千代の富士北勝海など昭和後期の時代の礎となった。ある意味吉か。

千代の山といえば石井代蔵著「土俵の修羅」に一片の残酷なる小編があり、出羽ヶ嶽未亡人との意味深なつながりが描かれている。さすがに…と思うが。