相撲批評クラブ ひげ庄之助

明治時代からの相撲が好きです。

見切り発車の初場所?

大相撲初場所を前にしたPCR検査。結果九重、友綱、宮城野、荒汐、宮城野で陽性となり16関取65力士が休場。行司6人、床山6人も休場。

初日前より混乱の情勢。十両に至っては19力士の出場で上位5枚目以内は10人中3人のみ。かなりバランスの悪い番付となる。2002年名古屋の15人以来の多さか?

ここまで休場が増え、場所中の感染・怪我の途中休場も想定されると内容も淡泊になってしまうのでは。料金に見合う相撲も期待できる?

番付編成にしても特例据え置き力士が10人を超え、紛糾間違いなし。

執行部がどのような場合に中止を想定しているかは不明だが、一度開催すれば千秋楽まで強行する可能性が高いとも。

行司、床山も休場となれば担当の割り振りも大変だろう。下位行司は日10番以上裁くか。

白鵬の感染にしても宮城野力士が全員陰性の時点で外部からのウイルスの可能性が高い。

無断外出であれば処分があるべきと思うが。