相撲批評クラブ ひげ庄之助

明治時代からの相撲が好きです。

怒涛の一年  北の湖

昭和48~49年の北の湖の急上昇ぶりは凄かった。

平幕を上下していたが49年に入り覚醒。あっというまに横綱に。48年九州、骨折を押して皆勤し10勝挙げたのが後に響いたのだが。

48年名古屋 前頭4 8勝7敗

48年秋  小結 8勝7敗

48年九州 関脇 10勝5敗

49年初  関脇 14勝1敗

49年春  大関 10勝5敗

49年夏  大関 13勝2敗

49年名古屋 大関 13勝2敗  場所後横綱昇進

最近であれば朝乃山が近い?。31年夏の優勝までは平幕中位を上下していたのみ。

それ以降、小結11勝→関脇10勝→関脇11勝で大関に。優勝が弾みとなり脱皮したのは北の湖と似る。